カイロプラクティックは、米国では医療行為として法制化されている治療方法で、医師と同等の高レベル・難易度の国家資格を必要とする高度な治療方法です。詳しく見る
Top > カイロプラクティック治療 > カイロプラクティックとは?

カイロプラクティックとは?

カイロプラクティックの考え方

カイロプラクティックがどのようなものか、日本では一般にはあまり知られていません。「なんか、骨をポキポキ鳴らす治療法でしょ?」このように思われている方は多いでしょう。 日本にはカイロプラクティックに似た治療法や治療法がたくさんありますが、どのように違うのでしょうか。

カイロプラクティックは1895年に米国のD.D.(ダニエル・デビッド)パーマーによってその理論が確立されました。 それは、人間の健康は背骨のバランスが重要であり、その歪みによって様々な疾病や健康の不具合に繋がるため、 これを正しく治療することによって人間のカラダが本来もっている「自然治癒力」という能力を取り戻すことができるという考え方です。 その手法は基本的に外科手術や医薬に頼らず、手技を用いることで治療を行います。

医学が大きく発展する以前の1800年代当時はこの考え方はなかなか受け入れられませんでしたが、その後の研究と実績により徐々に理解と認知が広がり、現在に至ります。 現在の米国家認定カイロプラクターは、医師と同等の医学の知識と学位を習得した上に、人間の骨格と筋肉、神経などカイロプラクティックに特化した専門知識をさらに習得し、 資格を取得した上でなければ治療を行うことができません。このことからわかるように、現代の(米国家認定)カイロプラクティックは、正規の医療行為として認められています。

カイロプラクティックについて正しく理解しましょう

カイロプラクティックを「正しく」理解するためには、米国をはじめとするカイロ先進国におけるカイロプラクティックと、日本国内におけるカイロプラクティックには 大きな「温度差」があることを認識する必要があります。

米国のカイロプラクティック

米国をはじめとするカイロプラクティック先進国では、カイロは「医学的」「科学的」理論に裏付けられた医学的知識・経験的知識と科学的知識が融合した施療法として、 国家が公式な資格として認めています。 その知識の幅は資格の名称「ドクター・オブ・カイロプラクティック」と称するように、医者と同等レベルの 高い教育水準と経験 が義務づけられており、正規の医療行為として認められてます。 世界三大医学(西洋医学、東洋医学、カイロプラクティック医学)の一つとなっている事からもわかるように、世界では健康管理の1つの選択肢として日常にとけ込んでいます。
→ 参考:米国のカイロプラクティック教育水準

ボーンズ&ビヨンドは米国家認定。

ボーンズ&ビヨンドのカイロプラクティックは、米国家認定を取得している Hugh Kieu DC, IDE (ヒュウ・キュウ博士) によって、世界のカイロプラクティック先進国である米国水準の高いレベルの治療を提供しています。

日本のカイロプラクティック

日本ではカイロプラクティックは法制化されていない「民間医療」です。
上記のような世界的な動きに対して、残念ながら日本国内の対応は大幅に遅れを取っています。 日本国内で法制化されていないため、国家が定める免許や資格が一切不要で、習得している理論や技術のレベルは統一されておりません。 民間が定める資格はありますが、その基準は国家で定められておらず、国家が安全を保証する公的な資格ではありません。
→ 参考:日本のカイロプラクティック

カイロプラクティックでできること

カイロプラクティックは骨格のズレからくるさまざまな痛みをとるのに大変有効なだけではなく、めまい、不眠やうつなど、一見骨格とは関係のないような症状にも大変効果的です。 またカイロプラクティックは神経の滞りをなくし、自然治癒力を高め、健康維持の手段として人間が本来持っている能力を引き出しやすくします。

赤ちゃんからご年配まで

人間の身体(細胞・組織・骨格)は年齢と共に変化し、その時々の症状に応じた適切な処置が必要になります。bones+beyond (ボーンズ・アンド・ビヨンド)では年齢層や症状に対しより細やかな対応をしております。









ページ最上部へ