カイロプラクティックは、米国では医療行為として法制化されている治療方法で、医師と同等の高レベル・難易度の国家資格を必要とする高度な治療方法です。詳しく見る
Top > カイロプラクティック治療 > ゴルフプレーヤーとカイロプラクティック

ゴルフプレーヤーとカイロプラクティック

ゴルフプレーヤーに必要なケア

思い通りのショットができないワケ。体の軸=背骨に問題があると、ショットはブレます。 肘の痛みがあるとゴルフをなかなか楽しめません。
ゴルフはスイングの一瞬に、首から肩、腕、また背中から腰、脚に至るまで、しかも偏った状態でフル稼働させる特殊な競技と言えます。 同じ動作を繰り返すために、酷使されるのとそうでない骨格、筋肉、靭帯などアンバランスになりがちです。 その結果体の歪みや痛みにつながります。


ゴルフ肘、腰痛、左右のアンバランス

プロゴルファーに多いのがフォアハンドです。 内側に入る腕(右利きののゴルファー場合は右肘の上のところ)にゴルフ肘になる箇所があります。 ゴルフの動きは手首を曲げて、こぶしを握るための筋肉を緊張させます。 この筋肉は肘内側(内側上顆)の肘に付属して、手首屈筋と呼ばれます。 痛みはこの部分から生じ、前腕の下方に広がることもあります。

ボールに当たる衝撃はクラブから前腕まで伝わり、肘腱で止まります。 時間を経ると、この衝撃は筋肉や腱の中で少しずつ綻び断裂を起こします。 この小さな断裂が、数日ごとに繰り返されるとなると、炎症になり、自然に治るものも治らなくなります。 続けば断裂が大きくなり、症状は悪化します。

カイロプラクターによる治療の効果

このような症状は、病院ではなかなか根本的な治療ができません。 その歪みを根本的に治療するのが、熟練されたカイロプラクターの技術です。 傷ついた組織は痛みを生じますが、カイロプラクティック治療はゴルフからくる腰痛や左右のアンバランスなどを含め本来の適切な動作を取り戻すために有効な方法となります。

カイロプラクティックとストレッチプログラムは、腕の動きを戻すために大変重要です。 なぜなら手首屈筋と伸筋が手首を前後に曲げる動き、関節の伸展と掌の動き、腕の伸びを取り戻すからです。

ゴルフ肘や腰痛などの症状も、カイロプラクティックのエキスパートであるDr.KIEU(キュウ)は根本よりケアしていきます。 カイロ先進国アメリカでプロスポーツ選手を勝利、そして自己ベストへと導いてきた豊富な経験と知識と愛で日本のアスリートを自己ベストへと導きます。

カイロプラクターによるサポート

常に歪みをなくした状態で有効なトレーニングをすることがパフォーマンス向上とより長いスポーツ生命の維持の上で不可欠です。 特に、プレー中に運悪くケガを負った場合は、さらに注意しなければなりません。 ケガの治療で休んでいる間に、筋肉は衰え、またケガをした部分を庇うようになるため、身体のバランスが崩れます。

一日も早い復帰を目指すべく、ボーンズ&ビヨンドは日本で唯一、スポーツカイロ+リハビリ+トレーニング指導+視力トレーニングそしてスポーツサプリメントなどトータルでゴルファーをサポートできる施設を整えています。

タイガー・ウッズもカイロプラクティックでケア

「カイロプラクティックに本当に助けられました。私が成長期だった頃、私の腰、肘と背中は非常に痛み、弱っていました。 そこでカイロプラクティックに治療に行きました。 先生は私の背骨を調整しただけでなく、私を強くさせるためにエクササイズをさせました。 今でも週3回そして試合前後は必ずカイロに通っています。 そしてツアー時に許された、たった一人の医師もカイロプラクター医を選んでトーナメントに臨んでいます。 ドクター無しでは今の僕はありません。 僕のように腰痛に悩む、ゴルファーにはカイロプラクティックをお勧めします。」
― タイガー・ウッズ(プロゴルファー)





ページ最上部へ