カイロプラクティックは、米国では医療行為として法制化されている治療方法で、医師と同等の高レベル・難易度の国家資格を必要とする高度な治療方法です。詳しく見る
Top > カイロプラクティック治療 > サッカー選手とカイロプラクティック

サッカー選手とカイロプラクティック

サッカー選手に必要なケア

サッカーは、広いグラウンドを90分間、走り動き回り運動量は多く、激しい接触プレーも少なくありません。 当然、キーパー以外は、走ることと蹴ることが主となりますので、サッカーのケガは下肢が中心です。 足首や膝の捻挫、打撲、肉離れから、靭帯損傷、半月板損傷といったものまで。 そして酷使される骨格、筋肉、靭帯とそうでない部分などアンバランスになりがちです。 その結果、身体の歪みを引き起こしてしまうのです。 常に歪みをなくした状態で有効なトレーニングをすることがパフォーマンス向上と 、より長い選手生命の維持の上で不可欠です。 またプレー中に運悪くケガを負った場合は、さらに注意しなければなりません。 ケガの治療で休んでいる間に、筋肉は衰え、またケガをした部分を庇うようになるため、身体のバランスが崩れます。 一日も早い復帰を目指すべく、 bones+beyondは日本で唯一スポーツカイロ+リハビリ+トレーニング指導+視力 とレーニングそしてスポーツサプリメントなど トータル的にサポートできる設備を整えています。

サッカーのケガ

「スポーツ安全協会」によるとケガの発生率(発生件数÷保険加入者)は1.62%。 トップはアメリカンフットボールで 9.51%。 相手と接触するスポーツの割にはサッカーはケガの発生率は低いように思えますが ケガの部位は足の捻挫、骨折、転倒や着地での手や鎖骨のケガなど大事に至るようなものもあります。 このような痛みや不快症状も米国医師免許を始めプロスポーツ、スポーツ外傷、ヘルニア、側弯症など各種免許を併せ持つカイロプラクティックのエキスパートであるDr.KIEU(キュウ)は根本よりケアしていきます。 カイロ先進国アメリカでプロスポーツ選手を勝利、そして自己ベストへと導いてきた豊富な経験と知識と愛で日本のアスリートを自己ベストへと導きます。

中高生ではケガが少ないこと大事な要素

中高生の競技生活になると、練習や試合も激しくなり、怪我の頻度率は格段に上がります。 4-5年生はサッカーがサッカーらしくなるとともにケガも増えていく入り口の年齢です。

中学、高校と競技者生活を迎えるにあたって、この時期にケガに対する考え方を徐々に身につけさせる事と共に、日常のカイロプラクテッィクによるメインテナンスで身体のバランスを保ちケガ予防に努める必要があります。






ページ最上部へ