カイロプラクティックは、米国では医療行為として法制化されている治療方法で、医師と同等の高レベル・難易度の国家資格を必要とする高度な治療方法です。詳しく見る
Top > カイロプラクティック治療 > ヘルニアとカイロプラクティック

ヘルニアとカイロプラクティック

日本のヘルニア治療の現状

ヘルニアで日本の医療機関の治療を受けたことがある方は良くご存知かと思います。 日本におけるヘルニアの治療法は痛み止めの注射や牽引、悪化したら外科手術で治療、というのが最も一般的な治療アプローチです。 しかし、背骨の不整列や骨盤の歪みなど根本的な原因を正さなければ、いくら外科手術を施しても背骨と椎間板は再び問題を起こします。手術を行ったとしてもヘルニアが再発するケースもよくあります。

米国では、国家認定カイロプラクターと整形外科医はお互いの専門知識で連携し、患者の症状の進行状態を見極め、互いに協力して治療を行います。 残念ながら日本ではこのような医学の知識を併せ持つカイロプラクターがまだ育っていないため、ヘルニアの治療に必要な知識と高度な手技を備えていません。

→ 参考:米国のカイロプラクティック教育水準
→ 参考:日本のカイロプラクティック

ボーンズ&ビヨンドはヘルニアのエキスパート

ボーンズ&ビヨンドでは、ヘルニアへのアプローチは背骨だけではなく、頭の先から背骨、骨盤そしてつま先まで 身体全体のバランスを診ていきます。 背骨の不整列を正し、骨盤の歪みを無くしながら飛び出した椎間板を高度な手技で治療していきます。 これは正規の教育と手技を身に付けたカイロプラクターだからこそ可能な診断・治療方法です。

カイロプラクティックでは、ヘルニアを発生した背骨の1箇所や椎間板が破裂した一部だけに着眼点を置くのではなく、全身に渡ってケアを進めていきます。 炎症を鎮める場合に、脊髄治療だけでなくストレスや栄養、ライフスタイルなどの条件も考慮します。 同時に、他に影響を受けている可能性のある首、背中、手脚においても、不具合を見つけて改善していきます。 ヘルニアの治療にあたって、全身を治療するのはそのためです。

カイロプラクティックでは、背骨が真っすぐな状態を脳に記憶させるという考え方と手法が同時に取り込まれています。 これはヘルニアの再発を予防するために非常に大切です。 治療によって痛みや炎症を手技で落ち着かせた後、運動、ストレス管理、栄養と食事の習慣や姿勢の改善などをアドバイスして行きます。

整形外科で「もう手術しかありませんね. . . 」診断された方でも、一度ご相談ください。 多くの方が身体にメスを入れることなく元気に回復していらっしゃいます。

→ 参考:ボーンズ&ビヨンドの側湾症治療








ページ最上部へ