カイロプラクティックは、米国では医療行為として法制化されている治療方法で、医師と同等の高レベル・難易度の国家資格を必要とする高度な治療方法です。詳しく見る
Top > カイロプラクティック治療 > 関節痛・膝の痛み・オスグッドとカイロプラクティック

関節痛・膝の痛み・オスグッドとカイロプラクティック

病院での膝の治療

医療機関での膝の治療に用いられるのは多くの場合、痛み止めの注射ですが、これは根本治療にならないだけではなく、膝自体の後退性をも早めてしまいます。 膝の関節の位置異常で、上下の骨と骨が適度な間隔を保てず接触してぶつかる度に痛みを感じたり、重度の場合は、痛みを感ずる角度の範囲が広くなり、歩行さえ困難になってしまいます。 膝の痛みは、(骨盤・股関節・大腿骨・膝関節・脛骨・腓骨・足関節・指骨など)股関節から異常がある場合がほとんどです。 また足首の周りが太くなっている場合ですが、これは下腿には脛骨と腓骨の2本の骨があり、膝が悪いので膝から段々と足首が開いて太くなってしまったか、酷い捻挫等により足首が開いてしまい、それから段々と膝が悪くなって来たかの両方が考えられます。

カイロプラクティックで改善

いずれにしても、このような歪みをとることにより、カイロプラクティックは痛み止めの注射を打つことなく、膝の痛みを改善します。 同じく膝に水が溜まった場合これを注射器で水を抜いたりする治療法がありますが、これは膝の関節の中で炎症が起きているのを、静めようとして生体が起こしている防衛反応ですから、 膝に溜まった水を抜くのを繰り返すことによって、更に悪化を招くことになります。

膝の痛みは、カイロプラクティックで改善できるのです。
病院で治らないと診断されてしまった場合でも、ぜひ一度ご相談下さい。






ページ最上部へ