カイロプラクティックは、米国では医療行為として法制化されている治療方法で、医師と同等の高レベル・難易度の国家資格を必要とする高度な治療方法です。詳しく見る
Top > 側弯症(側湾症・そくわんしょう)治療 > 側弯症の方の日々の生活での注意点

側弯症の方の日々の生活での注意点

日々の生活ですべきこと

  • 側弯症のあるなしに関わらず、正しい姿勢を維持しましょう。
  • たんぱく質、カルシウムの吸収が悪くなるので、積極的に摂取しましょう。
  • カルシウムとビタミンDを合わせて摂りましょう。
  • 仰向けで寝ましょう。硬いベッドで寝る場合は膝下にクッションをおきましょう。
  • 正しい方法で筋肉を鍛えましょう。間違ったやり方は悪化させる恐れがあるので注意しましょう。
  • ポジティブになりましょう。

日々の生活でしてはいけないこと

  • 重い物を持つのをやめましょう。たとえ5kgでも側弯症の方にはよくありません。
  • 肩掛けのかばんをさけ、リュックなど両肩に均等に力が分散されるものを持ちましょう。(リュックを背負う時も、湾曲部にもよりますが、下の方に重心がくるようにしましょう)
  • うつ伏せで寝ないようにしましょう。首を横に向けることにより、歪みが背骨に伝わってしまいます。
  • 横向きで寝ることも避けましょう。重力が曲がった背骨の負担になります。





ページ最上部へ